【私が癒えるまでの全記録】⑥ 苦しみを自分で作り出す

0

「ハコミセラピー(心と身体の両方に働きかけるセラピー)での体験を通して、私は、心の中に、6人のキャラクターがいることに気づきました。

キャラクターたちの思いや、キャラクター同士の関係に注目することによって、自分への理解が進んでいきます。

今回は、最初に起こったキャラクター同士の葛藤について、お伝えします。

 

元気な子どものキャラクターが、原動力だった

 

私の中にいる、6人のキャラクターのうち、一番元気なのは、3歳~4歳ぐらいの女の子。

天真爛漫で、思ったことを、どんどんやってしまいます。

私は、自分の名前をもじって、「なおちゃん」と名前をつけました。

 

「ハコミセラピー」に参加できたのも、「なおちゃん」のおかげ。

「ハコミセラピー」を初めて知ったときに、「なおちゃん」が、「これよ!これ!」と、主張していました。

 

「ハコミセラピー」のBeingコース(体験を重視し、自分の在り方を見つめるコース)。

ここが、自分らしさを取り戻せる場所だと直感した「なおちゃん」

参加初日から、水を得た魚のように、自由に振る舞います。

 

グループを運営する方から、「思ったことをシェアするといいよ」と言われると、「なおちゃん」は、初日から、バンバン、シェアをします。

「なおちゃん」が、全員の前で、シェアしたこと。

  • 「ハコミセラピー」のグループは、居心地が悪い。
  • 「ハコミセラピー」のグループには、居場所がないと感じる。
  • 自分はダメな人間だ、と思っている。
  • 日常生活でも、同じように、居心地が悪い、居場所がない、自分はダメな人間だ、と思っている。

 

「ハコミセラピー」のBeingコースに参加した2日目には、「なおちゃん」のシェアをきっかけに、私を中心とするグループワークまで、おこなわれてしまいます。

 

指示と叱責を連発する女性のキャラクターも、強烈だった

 

「ハコミセラピー」のBeingコースに参加した初日から、「なおちゃん」ではない、別なキャラクターも活発に動いていました。

大人の女性(20~40代)で、口うるさい、厳しい感じ。

 

おそらく、「私の母の分身」といった存在です。

私は、母の名前をもじって、「タカハシさん」という名前をつけました。

 

私が、「ハコミセラピー」のBeingコースに、初めて参加する朝。

「タカハシさん」は、早々に指示を出してきました。

  • 今日、初めて会う人に対して、失礼があってはいけない。
  • 自分のほうから、相手に愛想よく話しかけ、相手から好かれないといけない。

 

「タカハシさん」の指示に従って、私は、ほかのメンバーに話しかけます。

すると、「タカハシさん」から、厳しいダメ出し。

  • 相手が興味をもつような、気持ちが楽しくなるような話題じゃないと、ダメ!
  • 相手には、ほんのちょっとでも、不快な思いをさせてはいけない!

 

私が、どんな話題を出したらいいのか、悩んでしまい、黙っていると…。

  • 黙っていたら、相手を嫌な気持ちにさせてしまう!
  • 早く、気のきいたことを言わないといけないと、ダメ!

 

相手に話しかけても、ダメ出し、黙っていても、ダメ出し。

私は、どうしたらいいか分からなくなり、フリーズしてしまいます。

 

そうしたら、「タカハシさん」から、さらなるダメ出しの嵐。

  • 気のきいたことの1つも言えないなんて!
  • そんなだから、みんなに、嫌われるのよ!

 

「タカハシさん」からの激しい叱責を受け、私は、どんどん元気がなくなっていきます。

そして、私は、人の輪に入っていく気力がなくなり、一人でいることを選んでしまうのです…。

 

自分自身へのダメ出しが、自分を追い込んでいく

 

「タカハシさん」は、人との関わり方について、うるさく口出ししてきます。

しかし、それ以上に、私の失敗は、決して許しません

 

「ハコミセラピー」のBeingコースに参加して、3日目。

 

「相手の話を聞いて、相手の感情を短い言葉で返していく」というワーク(「ハコミセラピー」では、「コンタクト」と呼ばれる技法の練習)。

私は、うまく言葉を返すことができず、まごまごしてしまいました。

 

すると、「タカハシさん」の叱責が、燃え上がります。

  • 心理カウンセラーのくせに、そんなこともできないなんて、クズ以下!
  • こんなんじゃ、恥ずかしくて、心理カウンセラーをやっているなんて、口が裂けても言えない!

 

その後も、「コンタクト(相手の感情を短い言葉で返していく)がうまくできず、その都度、「タカハシさん」に罵倒されます。

 

「ハコミセラピー」のBeingコースに参加して、5日目。

私は、一方的に罵倒される悲しみ、どうしたらいいか分からない困惑で、身動きができなくなります。

とうとう、「ハコミセラピー」のワークに参加することができなくなり、一人で座布団の上にうずくまるのが、精一杯。

 

ほかの参加者が、「ハコミセラピー」のワークに参加している姿を見ると、「タカハシさん」が、私に追い打ちをかけます。

  • せっかくお金を払って、時間を割いて来ているのに!
  • ワークに参加することすらできないなんて、人として、もう終わっている!

 

もう、嫌だ!いい加減にして!

「なおちゃん」と「タカハシさん」の頭を石でたたきつぶして、二人を消し去りたい!

もう、何もかもが、イヤ!!

 

「ハコミセラピー」のBeingコースに参加して、まだ、5日目の途中だけど、もう、やめたい。

休み時間になったら、グループを運営する方に、帰ると伝えよう。

「ハコミセラピー」には、もう、二度と、来ない。

 

そう決心しました。

 

 

「ハコミセラピー」では、「マインドフルネス」を丁寧におこないながら、いろいろなワークをしていきます。

「マインドフルネス」は、ゆっくり深呼吸をしながら、身体の感覚を意識していく。

 

「マインドフルネス」の状態になると、意識の活性度が下がり、無意識の中にあるものが、前面に出やすくなります。

そのため、日常生活でも起きていることが、「ハコミセラピー」の場では、スケールアップして、起こってくるのです。

 

「タカハシさん」に責められることで、苦しくなり、人が集まる場所を避けるというプロセスは、日常生活でも、起きています。

ただ、そのことに気づかずに、過ごしているだけ…。

結局、「苦しい思いを作っているのは、私自身だった」のです。

 

苦しい思いを改善する最初の一歩は、自分がはまっているパターンに気づくことなんですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

続きはこちら。参加者のそのままの在りようが、私を救いました。


0