【私が癒えるまでの全記録】⑨ 私はゴキブリ人間

+1

自分がどんな人間かをイメージしてみたら、「ゴキブリ」のような人間だった!

それに気づいたときは、あまりにもショックが大きくて、呆然としました。

今回は、自分が「ゴキブリ人間」だと気づいたエピソード、それを嘆き悲しむ私の部分、それを楽しむ私の部分について、お伝えします。

 

自分が「ゴキブリ人間」だと気づく

 

ハコミセラピー(心と身体の両方に働きかけるセラピー)では、セラピーセッション(心理療法)の練習をするために、月1回、勉強会をおこなっています。

その勉強会で、ハコミ認定セラピストを目指している女性に、1時間のセラピーセッションをしてもらいました。

 

テーマは、対人恐怖の症状について。

「ハコミセラピー」のスペシャル企画ワークショップで、参加者と関わるのが、とてもつらかったからです。

 

「ハコミセラピー」のBeingコース(体験を重視し、自分らしく在ることを大切にするコース)に参加して、2年が経とうとしており、Beingコースでの居心地は、とても良くなっていました。

ところが、知らない参加者が多いスペシャル企画ワークショップでは、話すときに顔がひきつったり、声がうわずったりして、居心地が悪いこと、この上なかったのです。

 

ワークショップでの居心地の悪さを、「マインドフルネス」の状態で感じていきます。
※「マインドフルネス」とは、ゆっくり深呼吸をしながら、目をつぶり、身体の中で起こっていることに注意を向けていく状態のことです。

 

すると、イメージの中で、私は、巨大なゴキブリになっていました。

人間と同じ大きさのゴキブリです。

 

私は、自分に対して、そんなセルフイメージを持っていたのです。

 

「ゴキブリ人間」の自分を嘆き悲しむ部分

 

「ハコミセラピー」のセラピーセッション(心理療法)の最中に、自分が「ゴキブリ」のような存在であることに気づいた私。

しかも、人間と同じ大きさの、巨大なゴキブリです。

 

「みんなから嫌われる!」という恐怖がこみあげ、胸が苦しくなっていきます。

「やっぱり、私は要らない子なんだ!」

息が詰まりそうでした。

 

ところが、イメージの中で、「ハコミセラピー」の仲間が、「わあ!羽が黒々としていて、つやつや光っていて、きれい!」と、私(ゴキブリ人間)の羽をなでているのです。

 

私は、思いました(考え方のクセが、バリバリに入っています)。

「ハコミセラピー」のBeingコースの仲間たちは、自分らしさを見つけようとしている心清らかな人たちだから、私が「ゴキブリ人間」でも受け入れてくれるんだ

それ以外の人たちが、「ゴキブリ人間」の私を、受け入れるはずがない。

 

イメージの中で、「ゴキブリ人間」の私が登場した途端。

悲鳴をあげ、逃げまどう人たち。

スリッパで私をたたきつぶそうと向かってくる人たち。

そんなイメージが、まざまざと浮かんできました。

 

私のイメージは、その後も、展開していきます。

カサカサと地面をはいつくばって、逃げきった私(ゴキブリ人間)は、いきなり、すくっと立ち上がります。

そうしたら、女の子が、背中にゴキブリの着ぐるみのようなものを、身につけているのです。

 

その女の子は、私の心の中にいる元気なキャラクター、「なおちゃん」

「なおちゃん」は、丘の上に立っており、夕日に向かって、叫びました。

「いつか、人間になりた~~い!!」

 

真剣な顔の「なおちゃん」。

背中側から見ると、ゴキブリにしか見えない着ぐるみ。

妖怪人間ベムの決まり文句。

イメージしていたのは私自身なのですが、思わず、吹き出してしまいました。

 

とはいえ、自分が「ゴキブリ人間」であることが、嫌で嫌でたまらず、嘆き苦しんでいる私のほうが大きくて、セラピーセッションの後、気分はどんより…。

日常生活を送っていても、「私はゴキブリのような人間だ」という考えが、頭をよぎり、その都度、胸が苦しくなりました。

 

「ゴキブリ人間」の自分を楽しむ部分

「ゴキブリ人間」である自分が、嫌で嫌でたまらず、耐えきれなくなった私。

今度は、ハコミ公認トレーナーの女性の個人セラピーを受けました。

 

「ゴキブリ人間」であることを、私の心の中にいる元気な女の子のキャラクター、「なおちゃん」は、どう思っているのか。

私は、「なおちゃん」「インナー・チャイルド(心の中にいる傷ついた子ども)だと思っていたので、「なおちゃん」の思いを見ることにしたのです。

 

ところが、「なおちゃん」は、「ゴキブリ」であることを気に入っているのです。

イメージの中で、「なおちゃん」は、ゴキブリの着ぐるみを背中にはりつけたまま、羽を金色に染めてみたり、黒い羽根にカラフルな水玉模様をえがいたり。

 

そして、「なおちゃん」は、金色や水玉模様になったゴキブリの羽を加工して、ストラップを作り出します。

きれいなゴキブリの羽で作ったストラップを、お友だちにあげようかな、メルカリで売ってみようかな、とウキウキ。

 

私は、ポカンとしてしまいます。

 

自分が「ゴキブリ人間」であることが、嫌で嫌でたまらず、狂おしいほどに嘆き悲しんでいる私がいるのに…。

あまりにつらくて、ネガティブなビリーフ(自分を否定する考え方のクセ)も、ネガティブな感情も、一瞬で手放せるという技法を、学びにいったのに…。

それなのに、自分が「ゴキブリ人間」でいることを、まったく気にしていないばかりか、楽しんでいる私がいるなんて。

 

心の中にいる批判的なキャラクター、「タカハシさん」は、「ハコミセラピー」の「マインドフルネスワーク」で話し合いをして以来、なりをひそめています。

私の中の、どの部分が、自分に最悪なセルフイメージをはりつけ、そのことを嘆き悲しんでいるんだろう・・・。

私の自己探求は続きます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

続きはこちら。苦しみの原因が分かりました。

+1