「マインドフルネス」が不快な体験でも、大切なメッセージがこめられている

0

「マインドフルネス」は、ここちいよい体験ばかりが、取りざたされています。

頭が、スッキリする。

集中力が、増す。

気持ちが、穏やかになる。

 

でも、不快な体験も、身体からのメッセージが込められた、大切な体験です。

とはいえ、みんなが、ここちよい体験を報告している中、自分だけ不快な体験をしていると、不安になりますよね。

今回は、「フォーカシング」という、「マインドフルネス」に似た状態のときに感じた、不快な体験の意味を、探ってみました。

 

「フォーカシング」とは?

 

「フォーカシング」は、アメリカの臨床心理学者、ユージン・ジェンドリンが、編み出した方法です。

身体の中で起きている感覚(気になる感じ)を頼りにして、自分自身にふれていきます。

自分をより深く知ることができ、自己成長や悩みの克服をうながすと言われています。

 

手続きは、以下の通り。

①身体の内側に注意を向ける。
頭のてっぺんからつま先まで、身体の部分に、上から順番に注意を向けていき、どんな感じがするか、見ていく。

②身体の中で、「気になる感じ」があるかを見つける。

③「気になる感じ」に、ピッタリくる言葉を探していく。
「気になる感じ」に、『〇〇な感じなんだね』と声をかけ、ピッタリくるかどうか、確認する。

④「気になる感じ」を、じゅうぶんに味わう。

⑤終わりにする。

 

当時は気づきませんでしたが、「フォーカシング」「マインドフルネス」は、体験するものが、似ています。

 

「フォーカシング」での不快な体験

私が、初めて「フォーカシング」を体験したのは、大学院での演習のとき。

イスに座って目をつぶり、教授のガイドのもと、自分の身体に注意を向けていきました。

頭から順番に、身体の感じに注意を向けるプロセスが終わり、「一番気になる感じは、身体のどこにありますか」とガイドされたとき。

 

いきなり、両肩のつけねから、両腕が切断されたかのように、感覚がなくなりました。

「なんだ、これは!?」と、驚いたと瞬間。

イスに座ったままの身体が、ぐるんと前方向に、一回転。

吐き気も、こみあげてきました。

 

それを伝えると、ガイドをしていた教授から、目を開けるよう言われました。

教科書的には、「変性意識」、つまり、「異常な意識状態」であり、「フォーカシング」では扱わない、「対象外」の体験です…。

 

深呼吸をしてから、目をつぶり、再びフォーカシングのプロセスに。

すると、またもや、両肩のつけねから、両腕の感覚がなくなり、しばらくすると、太ももの上に手のひらの感覚が現れてきます。

肩のつけねから手首まではないのに、手のひらだけが存在する、何とも言えない違和感。

 

さらに、注意を向けていると、肩のつけねから、赤い管のようなものが、手のひらに向かって伸びていきます

骨のような、血管のような。

肩のつけねと手のひらが、赤い管でつながり、ホッとした、その時。

 

今度は、頭の上のほうから、私を責める女性の声が、聞こえてきます。

 

こんなのは、フォーカシングじゃない!

ここちよい、自分への気づきを深めるようなものでないといけない!

他のみんなも、げんなりしている!

大学院にまで来て、この程度だなんて、情けない!

 

終わった時には、ぐったりしていました。

 

他の学生はみな、「リラックスした」など、ここちよい体験を報告しており、不快な体験をしたのは私だけ。

ひとりで取り残されたような気持ちになりました。

 

その後も、「フォーカシング」の研修会などに参加して、「今度こそ、ここちよい体験を!」と、意気込んでいたのですが…。

お腹の中を大きなヘビがずるずると動いていくなど、不快な体験が続きました。

 

不快な体験は、身体からの大切なメッセージ

不快な体験をしたことで、思い当たること。

「フォーカシング」に取り組むまで、私は、自分の身体に注意を向けることは、ありませんでした。

自分を大切にするということも、全くしていませんでした。

 

長い間、ないがしろにされ、無理を強いられてきた身体に、注意を向けた瞬間。

「私たち、こんなに大変だったのよ!」と、身体が、長年ためこんできたメッセージを放出してきたのです。

 

「フォーカシング」を体験した後は、自分に向き合うことを重ねてきました。

自分に向き合う過程で、身体にためこまれたメッセージが、少しずつ放出され、減っていったせいでしょうか。

「ハコミセラピー」(無意識や身体に働きかける心理療法)で、「マインドフルネス」をおこなったときは、それほど不快な体験はしなくて済んでいます。

 

ただ、無理をしているときや、つらいことがあっても感じないようにしているとき。

「マインドフルネス」をすると、「身体の重心がなくなって、身体がバラバラになるような感覚」「息苦しくて、呼吸ができない感覚」を味わいます。

そんなときは、「身体が、SOSを出しているんだな」と。

 

それと、「私を責める女性の声」は、「ハコミセラピー」でも、度々、登場します。

今、思えば、「自分らしさを解くカギは、これですよ!」と、知らせるメッセージだったのです。

初めて自分の身体に注意を向けたときに、既に現れていたのですから、驚きです。

 

「マインドフルネス」に取り組む時は、「ここちよい体験をする」というよりは、「自分が気づいていなかった自分を知る」といった感じで取り組むと、いいのではないでしょうか。

体験に、「正しい」「間違っている」は、ありません。

 

マインドフルネス」で、不快な体験をしたとき。

人とは違う体験であっても、その人らしい「大切な体験」です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

0