子どもへのイライラがおさまらないときは、発想を変えてみる

2020年8月19日

0

家にいる子どもが、勉強をしないでゲームばかりしている…。

つい、イライラしてしまいますよね。

 

「頭ごなしに怒らないほうがいい」とは分かっていても、勉強をしないと、学校でついていけなくなるかもしれない

心配で、勉強するよう声をかけたら、「うるさい」と返されたり、無視されたりする…。

「こんなに心配してるのに!」と、怒りも爆発してしまいます。

 

特に、小学校高学年~中学生の子どもは、親に反発することが増えます。

成長のあかしではあるのですが…。

 

イライラせずに、子どもに声をかけるには、自分の考えと気持ちを自覚することが大切です。

自分の考えと気持ちを自覚するヒントをお伝えします。

「あなたのため」が、子どもの反発を食らう

新型コロナウィルスの影響で、わが家も、息子は休校、夫は在宅勤務、私は自宅待機。

家族3人で過ごす時間がぐ~~~んと増えました。

 

休校中、息子(中2)は、塾のオンライン授業の直前に、ささっと宿題はこなします。

でも、それ以外の勉強はしません。

そして、塾がない日は、ゲームざんまい。

リビングのテレビにPS4をつなげて、友だちとボイスチャットをしながら、楽しそうに、長時間にわたってゲームをしている息子。

 

夫は、見かねて、「おい!ちゃんと勉強しろよ!」と声をかけます。

「今は勉強することがない」と、息子。

「勉強は、毎日コツコツやることが大切なんだ!お前のために言ってるんだぞ!と、夫。

息子が、「俺のことを大切に思ってるんなら、そんな怒鳴るような言い方はしないんじゃね!」と言い返す。

気がつけば二人で激しい言い合いに!

 

数十分の言い合いの末、息子がリビングのドアをバーンと閉めて出ていき、言い合いが終わります。

自粛生活が始まった4月は、そんなことばかりでした。

どうしたら子どもに伝わるのか

夫は、息子のことを、本当に大切に思っています。

それなのに、その思いが息子に伝わらないのは、もったいないなあと、私は思うのです。

 

そこで、夫の本音を直撃取材!

  • 今のうちにしっかり勉強しないと、いい高校、いい大学、いい会社に入れない。
  • 将来、経済的に苦しくなり、詐欺などの犯罪に、手を染めるかもしれない。
  • 息子の人生が終わってしまう…と思うと、心配でならない。

なるほど、そういうことか。

 

そして、息子に、“父親の本音”を伝えて、

「あなたのことが大切だからこそ、そんな変な心配をしちゃうんだよ」と言ってみたのですが、なかなか信じてくれません。

でも、しばらくすると、「最初からそう言ってくれればいいのに…」と、つぶやきました。

親が自分の考えと気持ちを自覚してみる

親の「本音」を、かみくだいて説明しましょう。

 

例えば、私が、勉強しない息子にイライラする場合。

息子は、ときどき、直前になってあわてて勉強を始め、夜ふかしをしたり、徹夜をしたりして、睡眠不足になります。

すると、私の怒りは、メラメラと燃え上がるのです。

そんなときは、「どうしてイライラするのか」について、具体的に考えてみます

 

早寝早起きをして、十分な睡眠時間を取ることが、心身の健康につながる、と信じている。

そのため、息子が睡眠不足になると、息子の健康が害されるのではないかと、怖くなる

②睡眠不足が続いた息子は、イライラして無口になったり、物に当たったりする。

それを見ると、家庭は笑顔にあふれたものであってほしい、という私の願いが打ち崩されたような気がして、悲しくなる

自分がダメな母親だから、息子が夜ふかしをして、心身の健康を害するんだ、と思って、つらくなる

 

すべてに共通するのは、私なりの「考え」があり、そこから「感情」が生まれている、ということです。

自分の考えと気持ちが把握できたら、それを息子に、正直に伝えます。

最後に、「だから、もう少し早めに勉強を始めてくれると、安心する」と、お願いをそえて、終了。

 

「〇〇しなさい」は、子どもの行動に、変化を強制します。

人から変化を強制されると、「今のお前はダメだ!」というメッセージとなって伝わります。

自分らしさを否定されたように感じるので、抵抗したくなるのも、当然です。

 

一方、私の考えや気持ちは、私のもので、私の自由

いわゆる、「Iメッセージ」

「私」を主語にして発するメッセージです。

相手を否定するメッセージは、含まれていないので、言われたほうも、受け入れやすくなります。

0