「ラビング・プレゼンス」で自分に必要なものを得る

3+

「ラビング・プレゼンス」は、「マインドフルネス(自分の身体の中で起こることに意識を向ける状態)」の応用編。

「マインドフルネス」を一人でおこなう場合、熟練しないとなかなか集中できないのですが、「人」や「モノ」を糸口にしておこなうと、ぐっと深まります。

今回は、「モノ」を対象におこなう、「ラビング・プレゼンス」について、お伝えします。

 

※「ラビング・プレゼンス」で対人関係の在り方が変わるという記事は、こちら。

「ラビング・プレゼンス」は「モノ」でやるのがおススメ

 

「ラビング・プレゼンス」とは、もともと、目の前にいる相手から、自分にとって必要なものを受け取り、必要なもので自分を満たしながら、相手と関わる手法です。

マインドフルネス」の状態をベースにしていますが、「チラッと見たものから、自分にとって必要なものを受け取る」という作業を加えることで、「マインドフルネス」の状態を深めます。

「マインドフルネス」の状態が深まると、頭であれこれ考えて、その考えで自分を縛ることが減るので、心が穏やかになります。

 

「自分にとって必要なもの」は、ひとりひとり違います。

愛、優しさ、温かさ、冷静さ、etc。

 

とはいえ、気持ちが沈んでいる、感受性が強い、過敏さがある、人が怖いという場合。

「人」を対象にして「ラビング・プレゼンス」をおこなうと、刺激が強すぎることが…。

 

そんなときは、自分が好きな「モノ」を対象に、「ラビング・プレゼンス」をおこないます。

「モノ」は反撃してくることがないので、安心して取り組める。

それに、「純粋に好きなモノ」を対象とするので、自分にとって必要なものを感じとりやすい。

 

「ラビング・プレゼンス」は、教科書的には「人」を対象としますが、「モノ」を相手におこなうことは、おススメなんです。

 

「人」でも「モノ」でも手順は同じ

 

「モノ」に対して「ラビング・プレゼンス」をおこなう手順は、「人」に対しておこなうときと、ほぼ同じです。

 

違うのは、知らない人を相手に練習するのではなく、好きな「モノ」でおこなうこと。

好きな「モノ」は、なんでもOKです。

 

たとえば、

  • 大好きなアーティストや俳優
  • かわいい動物
  • 自然のもの(観賞植物、花、樹木、水辺、森、など)
  • ぬいぐるみや小物
  • アート作品

実物のほうが、自分に必要なもの(良いもの)を感じとりやすいのですが、写真やイラストでも構いません。

 

手順はざっくり以下の通り。

①好きな「モノ」を選ぶ。

 

②「マインドフルネス」の状態になる

 

③自分に言葉をかける

「このあと目を開けると、今の自分にとって必要な何かが流れ込んでくる。

私は、それを受け取り、いい感じを味わうことができる」という言葉。

 

④一瞬目を開けて「モノ」を見たら、目を閉じる。

 

⑤心地よい感じを味わう。

※「ラビング・プレゼンス」の詳しい手順を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

 

「モノ」から必要なものを教えてもらった体験

 

「ケロちゃん」のぬいぐるみに対して、「ラビング・プレゼンス」をしてみました。

 

「ケロちゃん」は、「バムとケロ」という絵本に出てくる、カエルくん。

見た目も、性格も、私に似ているので、親近感を抱いています。

 

「ケロちゃん」を手のひらに乗せて、目をつぶり、ゆっくり深呼吸をしながら、マインドフルネスの状態に。

そして、「このあと目を開けると…」という言葉を心の中でとなえ、パチッと目を開けて、「ケロちゃん」を見る。

すぐに目を閉じると、「ケロちゃん」の残像とともに、「自分らしく存在する」という言葉が頭をよぎりました。

 

「なんだろう」と思いつつ、その言葉を反すうしていると、「ケロちゃん」が、ぴょんぴょん飛び跳ねながら、私にまとわりつくイメージが現れ、「ケロちゃん」の声が聞こえてきたのです。

 

嫌なら、やめちゃえばいいよ。

Twitterなんて、やめちゃいなよ。

嫌なことやっても、楽しくないじゃん。

そうじゃなくても、嫌なことってあるんだからさ、わざわざ嫌なことしなくていいよ。

 

なるほど~。

 

私は、ある方から勧められ、ブログの新着記事をお知らせするために、FacebookとTwitterを始めたのです。

でも、Twitterで、「自己否定が強い人は、『そのままでいいんだよ』と言ってあげると、コロッと落ちるから、ちょろい」みたいなツイートを読み、とても不快な気持ちに…。

 

合わない人や場所から離れてもかまわない。

これには納得。

なのに、「Twitterを勧めてくださった人に失礼に当たる」と思うと、二の足を踏んでしまっていたんですね。

 

「ケロちゃん」を相手に「ラビング・プレゼンス」をおこなったことで、自分に必要なものが何であるかが分かり、スッキリ!

Twitterも、今は、やらないことにしました。

 

今回は、お悩み解決を求めていたようですが、場合によって、「必要とするもの」は違います。

 

以前、神社の境内にある巨木に対して、「ラビング・プレゼンス」をおこなったときは、癒しを得ました。

巨木から受け取ったのは、巨木が地下に根を張りめぐらし、宇宙から降り注ぐエネルギーを受けとめ、長い月日を重ねてきたイメージ。

巨木の圧倒的な生命力を含め、地球も宇宙もすべてのものがひとつになっており、私もその中のひとつとして泰然と存在している感じ。

 

その感じを味わううちに、心が静かになっていきました。

 

 

「モノ」に対する「ラビング・プレゼンス」は、自分に必要なものを教えてくれるし、必要なものを与えてくれます。

「人」を相手におこなうより、安心、安全なのに、得られるものは、なかなか。

お出かけしたときや、趣味を楽しむときに、出会った「モノ」に対して「ラビング・プレゼンス」を試してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

3+